居宅介護支援とは


居宅介護支援とは、利用者が自宅で自立した日常生活を送ることが出来るようにケアマネージャーが利用者の心身の状況や環境に応じた介護サービス(ケアプラン)を作成します。
 そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるように事業者や関係機関との連絡調整を行います。
 当事業所のケアマネージャーは看護師が多く、併設している訪問看護ステーションや主治医と連携を図り迅速な対応をすることを心がけています。

居宅介護支援をご利用できる方

  • 65歳以上で要介護認定を受けられた方
  • 45歳~64歳で老化に起因して発症した特定疾患より要介護認定を受けられた方

サービスの流れ